インプラントの説明

インプラントの説明について

歯を失った方にインプラント

何かの事情で全部の歯を失ってしまったり、虫歯などで歯を残すことが難しい場合、どういった治療がお勧め出来るかを説明したいと思います。総入れ歯という選択もありますが、この方法では物をしっかり噛むことが出来なかったり、突然外れてしまう事もあります。その様な心配がいらないのがインプラント治療です。この治療を行うことによって、まるで自分の歯のように物をしっかり噛んだりすることが出来ます。最近では技術も非常に発達しているので、見た目も非常に美しく、かなり丈夫に出来ているので滅多なことでは壊れたりすることもありません。最近ではこのインプラント治療を選択をする人が非常に増えています。

インプラントなら全部の歯を治療

インプラントという治療方法が最近注目されているのは様々な症例に対応することができるためです。歯を失ってしまったというような場合や審美的に歯を綺麗にするというような場合にも利用され、歯の矯正にも利用されているためです。また歯は年齢とともに弱くなってしまうのですが、歯を全部失ってしまった場合も総入れ歯にするのではなく、インプラントで治療することができるのです。そのメリットは歯茎の骨を弱めないということです。入れ歯の場合は歯茎の骨に力がかからなくなり骨が弱くなりますが、そのようなことがなく顎を含めて強く維持することができるのです。

↑PAGE TOP