インプラントの症例

インプラントの症例について

全部歯がなくてもインプラント

インプラントは自分の永久歯を失ってしまった部分に人工の歯根を入れ、自分の歯のように蘇らせる治療方法です。しかし費用は非常に高く、保険も利かず時間もかかるので、リスクがないとは言えません。しかし、骨の状態などから医師が治療を判断するので、必ずできるとは限りません。一本当たり30万円くらいが相場になっており、全部の歯を欠損している総入れ歯の方はかなり費用がかさみます。しかし、全部入れなくても上下とも4本のインプラントができる「オールオンフォー」という画期的な方法があり、まだ歴史が浅いですが、症例もたくさんあるので、総入れ歯の方でも笑顔に自信が持てます。

全部の歯が抜けたらインプラント

インプラントの治療は、全部の歯が抜け落ちて、総入れ歯をつけているような人でも治療を行うことが可能になっています。歯周病が進んでいない健康的な歯茎がある場合などの場合は、すぐにでも手術に取り組むことが可能になっていて、比較的治療が行いやすくなっています。インプラント治療は、歯茎が痩せている人の場合でも、歯茎を再生させるような治療をすることが可能であり、歯茎がある程度良い状態に改善されていった場合には、手術をすることが可能になっています。そのため、比較的多くの人が手術を受けられるような技術が整っていて、よい治療をしやすいです。

↑PAGE TOP