インプラントがお薦め

インプラント情報満載

インプラント治療をすること

一本の歯を失ってしまうと、その両方の歯を削って土台を作り、ブリッジという被せものをします。また、金具の付いた部分入れ歯をしたり、保険適用内で治療を行う事ができるのが一般です。しかし、ブリッジは健康な歯を削ったり、部分入れ歯は金具を健康な歯に引っかけるため、どの治療も健康は歯に負担をかけます。インプラント治療は、失った所に人工的に土台を作り、被せものをする治療なので、健康な歯に負担をかける事もなく、自分の歯のように噛むことができて、自然に見えるのが特徴です。

インプラントに使用する材料

インプラント用の材料は、体に埋め込むために、生体拒絶反応が起こらないことが電停です。専門的な表現では生態学的適合性といいます。無毒であることはいうまでもなく、アルレギー反応を起こさないことです。また、発がん性の物質でなく、腐食しにくい耐食性の性質を持っていることが必要となります。更には、かみ合わせに耐えることができる十分な力学的な強度と壊れにくい性質、更には骨と同じようにひずみが起こらない高い弾性率の材料が必要となります。材料として、主に純チタン、チタン合金が主流で、ハイドロキシアパタイトも使用されます。

↑PAGE TOP