インプラントと虫歯

インプラントと虫歯について

インプラントでむし歯を全部治療

インプラントは失った歯を治療する方法ですが、むし歯などはそのまま放置していると歯を失うことになります。むし歯は菌が原因になっており、その菌が歯を溶かしていくのです。そのまま放置しておくと象牙質、神経へと内部へ進行してしまいます。ひどくなると全部歯を抜いてしまわなければならなくなります。インプラントはこのような状態になった時に治療することができ、他の入れ歯などの治療と違って、一本でも全部の歯であっても治療することができます。一度治療した歯は再発することもなくなるため、長く使い続けることができるのです。

全部インプラントにするメリット

インプラントは失ってしまった歯の治療方法でありますが、それはどこの歯でも基本的に治療を行うことができるのです。例えば奥歯を失ってしまった場合や前歯が折れてしまったような場合でも治療が可能ということになります。また歯は年齢とともに弱くなってきます。年齢によっては歯を全部失ってしまうこともありますが、このような場合は総入れ歯にするか迷ってしまうこともあります。総入れ歯では顎の骨に力がかからないため弱めてしまうことになります。インプラントは顎の骨を使うことになり、そこに器具を埋め込むために噛むことで力がかかり顎の骨を強く維持できるのです。

↑PAGE TOP